忍者ブログ
 | 
 

とどめをハデにくれ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大将に鬼揚げ

2013020501230000.jpg

















































川さんの地元みやげ『大将のぶっかけうどん』
クギシマの地元みやげは『鬼揚げ』
ということで不安定少年ズのリズム隊の本質は
ドラムス⇒大将
ベース⇒鬼揚げ
とっても強そうなリズムセクションだこと

明日はクロマニヨンズの新作が出るな
早くも内容聴いてますが、ね
もうそれくらいしか今のバイトの特権ないな
今日はっきりわかった
ハタから見ても俺のバイトでの立場は『見ていて可哀想』だってこと
仲良い同僚に言われてハッキリ自覚した
一生懸命頑張ってもバイトとはいえ現状が満たされていないスタッフは可哀想に決まってるだろーが
だから清志郎さんや不死身のタイマーズばっか店で聴きたくなってしまう最近なのだろう
『もしも僕が偉くなったなら~♪偉くない人を忘れたりしないさ~♪』
清志郎さんの歌詞は一行聴いただけで『ハッ』とさせられる
グルーヴは楽器だけで鳴らすものじゃない
歌がある曲をやるのなら『言葉』もグルーヴさせる歌詞を書くべきだ
と思う
から頑張るよ
バイト?頑張らねーよ(笑)
ここまで可哀想な人になってまで頑張るほどバカではない
やぱ曲が書けなくなったわけじゃなくて合格ラインのハードルが物凄く高くなっているだけだ
昔のように書いた曲全て最高だって思えなくなった良くも悪くも
どっちかといえば悪い傾向なのかもしれない
でも今の自分はそういう価値観でやっている
本能的なことだから書いた曲全てがなんでも最高とは思えない
曲は何曲も書いてるけど納得いく曲はほんの一握り
10曲書いたうち1曲自信作が出来ればいい方
それくらいストイックにやらなきゃカッコいいバンドはやれないだろう
いい曲ってなんだ?オナニーソングはいい曲か?いいや違うだろ
いい曲をやりたいのか?ラブソングを唄いたいのか?政治批判をしたいのか?
そういうんじゃない

何度聴いても、いつ聴いても、どんな気分で聴いても、誰が聴いても、誰と聴いても、一人で聴いても『名曲』たる名曲は存在するのか?
答えはないだろうけど日本人にとって日本人の俺が思うにはっぴいえんどの『風をあつめて』はそれにもっとも近い曲だと思っている
この曲嫌いな人は日本人なのか?そういう日本人もいるか

この動画オススメ
やっぱユーモアないといい音楽造れないとつくづく思う





 
PR
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード