忍者ブログ
 | 
 

とどめをハデにくれ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3本のエレキを一度に弾き比べてみた休日

※今回はエレキギターに興味の無い人にはつまらない文章かもしれないです

気づけばエレキを持ってから早14年、アコギ歴は15年も経っていた
懲りずにバンドをやっている、死ぬまでやっていそう
ギターはお気に入り1本あればいい性格だしアコギは未だに親父のお下がりで15年使い続けている

鮎川誠さんみたいに黒いレスポール1本だけで俺は飯を食うて来たんじゃぐらい言える男に憧れるが、なんやかんやの浮気性で今3本のエレキが家にある
働いて稼いだ金で買ったギター
全部気に入っている
全部使っている

今一度それぞれのギターの音や感触を同じ時間に同じフレーズを同じアンプで弾いて確かめようと実践してみた

買った順に挙げていくと

ad5ed5b6.jpeg


























FENDER USA / JAZZMASTER
値段:13万2千円(現行品展示特価)
楽器屋:町田の楽器屋で通販
見た目:くびれの綺麗な女
音質:ジャキジャキ、ピックアップをセンターポジションで弾くとベンジーのグレッチの音にかなり似てくる
弾きやすさ:ネック反って弦高めちゃあって弾きにくかったけど3年前くらい前に知り合いにネックのアイロンしてもらったりしてだいぶ良くなった

『エピソード』
これは16の夏休みに地元の町民プールの監視員のバイトをして溺れるガキを助けたり蜂に追い掛け回されたり日替わり当番のオバさん達としゃべりながら毎日真夏の太陽の下、真っ黒に日焼けして手に入れた1本
あのバイトは平凡な家庭で育った高校1年生のガキにとっちゃとんでもない額のバイト代を稼げて美味しかった、女やバイクではなくギターに走った高1の夏

友達にはJAZZ MASTER使いが多いグランジ・オルタナやシューゲイザー系のバンドが好きだったから買ったという話にしていたが実際はそういう音楽にハマる前に買っていた
当時ハマったGO!GO!7188のユウさんと同じキャンディアップルレッドのジャズマスターがどうしても欲しかったのだ(笑)
で、静岡の楽器屋を探し回ったけど生産終了の色だったから見つからずネットでようやく見つけて購入
GO!GO!7188の影響とは恥ずかしくて長いこと言えなかったけど今は平気で言える、歳を取るのはいいことだ

↑この曲好きだった~解散前に1回ライブで聴けてよかった

このギターを買った直後にJAZZ MASTERを使いまくるグランジ・オルタナ勢のバンドにどっぷりハマったのもなんかの縁かもしれない
JACK POT ROPE WAYの頃はこの子がメインギターでステージに叩きつけたりしまくってんのによく耐えている頑丈な1本、そのせいかちょっとノイズが多い(苦笑)
にしても10年以上使っているギターだけあって音に深みが出ていて素晴らしい
ギターは生き物、弾かないと死んでいくし弾き続ければ音に深みが出るのです
ヴィンテージギターの音が良いのは材質云々もあると思うけど、その長年の歴史があってこその良い音なんだと解釈している
ワインのような、女性のような
ギターは深い

12月のイルミネーションフェスから最近まで使ってなかったけど今日久々にアンプから出した音を聴いてビビっときた、やっぱお前は最高の女だと
極めつけにこのジャズマスターのネックには虎目柄がビンビンに入っていて超カッコイのである
ギターうんちくに詳しい知り合い曰く『このネックは大当たりの1本』と言われ自慢しまくっている

さて、次

strat.jpg


























FENDER USA / STRATOCASTER
値段:7万5千円(91年製、中古で買った)
楽器屋:どっか都会の楽器屋で通販
見た目:シックで哀愁漂う色女
音質:泣きの1本、最も哀しい音色が出るのが特徴で最近よく使っている
3本の中で1番重たい

『エピソード』
たしかこの子が我が家にやってきたのは17の冬だった
アルバイト禁止の頭のくそ固い高校に通いながらも相変わらずギター欲しさにコソコソ隠れながら近所のパン屋でバイトしていた
そこで初めての恋人(通称:魔性の年上女)に捕まってその人の元彼に因縁つけられて殴られたりだとか青春真っ盛りな時期を過ごしていた頃
ロックの方は自分のバンドが本格的に始まってきてジミヘン、クラプトン、ジョンフルシアンテに憧れていた俺は、ものすごくストラトキャスターが欲しかった
サンバーストか黒か迷った挙句、ブラッキーで激泣きギターを弾く24ナイツのクラプトンに感銘を受けて黒に決定




↑この終盤のギターソロにやられた
ストラトと言えばBLUESってイメージが強いなんとなく漠然と
エレキのスタンダードであれ簡単に弾きこなせる1本ではないのは確か

で、
その後8年くらいはギター買わずにバンドやってきてたんだけど2年くらい前に『B級でちょっと普通じゃない形』のギターに興味が湧き、ブライアンジョーンズに憧れてVOXのMARK Ⅲなんかが欲しかったりもしたけど高価なギターで買えるわけなかったり
で、買ったギターが



wil.jpg



























EPIPHONE / WILSIRE
値段:2万7千円くらい(新品)
楽器屋:渋谷の楽器屋でバイトの休憩中に即決で購入
音質:ハムバッカーらしく太い音であんま抜けないが深く綺麗に歪むので上記2本と明らかにキャラが違う
3本の中でダントツに軽量で肩や腰に負担が無い
見た目:お高く留まってそうに見えて実は素朴な環境で育った女

『エピソード』
レスポール恐怖症という症状に苛まれていた10代
実は俺が例のプールの監視員のバイト代で最初に買おうと思っていたギターはジャズマスターではなく

憧れのジミーペイジが使っていたギブソンのレスポールスタンダードだった
その話をついうっかり金持ちの知り合いに口を滑らせてしまったばかりに得意の『ねぇパパこれ買って』かなんか知らない
けど先にレスポールを買われてしまい相当なショックを受け、それからしばらくレスポールやギブソン系のギターは嫌いなギターだった
最近だと自転車を買ったのまで真似され(苦笑)
俺はチャリが撤去されてしまっても必要だからいたしかたなく泣く泣く無いカネ振り絞って自転車を買ったのだよ


で、話を戻すと
そんな過去もあり前出の2本はフェンダー社のギターで抜けが良くクリーントーンが綺麗なシングルピックアップ特有
のギターである
カートコバーンに取りつかれてからハムバッカー特有の歪んだ太いサウンドにはずーっと憧れていた
安物でいいから変わった形をしていてハムバッカーのピックアップが乗ったギターを持ちたいということで2年くらい前に探して買ったB級ギター
リバティーンズのピートやMC5のウェインクレイマーなんかも使ってる形のギターだからまぁそこまでマイナーな形でもないっていう(笑)

とにかく軽い!そんで指板のRが平らで弦高もめちゃ下げれて弾きやすい!
断トツで安いのに一番弾きやすいという矛盾(笑)
一番重要視してる抜けに関しては10年も抜けの良いフェンダーのギターを使ってきた人間からするとクリーンで弾く時に音が抜けないのが背中の痒いところに手が届かないような歯がゆさに苛まれるが歪み系エフェクターを踏んだ時に綺麗に歪むところはハムバッカーだなぁといった感じ
あと見た目的には時にはリッケンバッカーのように見えたり、時にはダンエレクトロのようにも見えたり
赤茶色の家具みたいな色が可愛くて好きだし
ボディの中途半端なくびれ方も可愛いし
ラッカー塗装されていて一見お高く留まっていそうな女だが実際は平凡で気軽に話しやすい素朴な女のようなギターである

なんにせよギターとは不思議な楽器であり生き物である

同じ形で同じ型番でも全く同じギターは2つと存在しない
1本のギターを別の人間2人で弾いてみても音が違うように弾き手によっても音が変わる
いくらいいギターを持っていても弾き手がダメならいい音がしない、ギターが可愛そう
逆にギターが安物でも弾き手が素晴らしいプレイヤーならいい音が出る

ギターは深いですな
女にモテるおもちゃじゃないんです
ギター上手くてもイケメンじゃなきゃモテないんですよ
イケメンならギター弾けなくてもモテるんですよ
下心で音楽やっちゃいかんよ


PR
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード